読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなライトノベルを投票しよう!! 2011年上期

雑記

このラノ杯が停止して、次に同じような企画をされる方がいるのかなぁ、と思っていたら実行されている方が。
お疲れ様です。
参加させていただきます。よろしくお願いします。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
一番最初にグレーゾーンかもしれませんが、メディアワークス文庫の本作。古書店推理モノとして定石を押さえた構成で展開される物語は重たいのにどこか明るさもありました。キャラクターの特性も生かした展開は見事でした。

【11上期ラノベ投票/9784048704694】

■シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と緑の工房
女性向けながらも男性も読んで楽しめる、本書。アトリエシリーズのような創作物を売ることで生計を立てつつ、様々な問題をこなしていく物語は第四弾まで来て面白みを積み重ねています。

【11上期ラノベ投票/9784044550448】

■幽霊伯爵の花嫁
新人デビュー作。非常にあくの強い主人公ではあるが、その強かさは好感が持てると思います。文章も非常に丁寧でしっかり描かれており、恋愛色も低めなので男性でも楽しめると思います。

【11上期ラノベ投票/9784094521931】

はるかかなたの年代記 2 荒ましき驃騎兵 (はるかかなたの年代記シリーズ)
ファンタジー・ラブコメ・ハーレム・俺ツエーが楽しめる本作。ほのぼのハーレム系ラブコメ展開とシリアス展開のバランスが非常に優れている。登場人物全員に好感が持てる非常に希有な作品。

【11上期ラノベ投票/9784086305976】

問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ?
俺ツエーにならないように知恵比べ要素をうまく加えた本作。今後の展開に期待する要素が大きい作品です。がんばってアイディアを出しているのが凄く伝わってきており、読んでいて楽しいです。

【11上期ラノベ投票/9784044748487】

こんな感じでしょうか。あまり読んではいないのですが、その中でも気に入ったのはこの五作。
一番多い冊数で4巻なので揃えやすいと思います。