子ひつじは迷わない   泳ぐひつじが3びき

この作品の最大の欠点は主人公たちの掘り下げが圧倒的に足りないこと。今回はその部分を補填しようと試みられた一冊でした。
けれど、うーん、掘り下げ回なのは誰が読んでもわかるんですけど、掘り下げられたのか?
 
ミステリーではなく、ミステリー風の人間関係を描いた物語、と僕はこの作品を評しているのですが今回はミステリー風からミステリー風味くらいになった気がします。
その分、主人公の過去のトラウマをピックアップしてきて、今回は主人公の掘り下げを行われました。
行われたんだけど、どうにもうまくないというか。
1作目からの欠点として登場人物が掴みづらいんですよね、この作品。原因はよくわかりません。
 
うーん、悪くはない。でも、なにか物足りない。
モヤモヤとしてすっきりとしない作品です。何も考えずに読み流すぶんにはいいんですけどね。
 
イラスト担当の籠目さんは今回も非常によい仕事をされていると思います。キャラが非常に可愛らしい。