雨の日のアイリス

雨の日のアイリス (電撃文庫)

雨の日のアイリス (電撃文庫)

電撃文庫はMF文庫のような路線よりも、硬派な物語を展開しつつ、萌え要素を加味した本作のような路線が得意分野だったはず。
久しぶりに電撃文庫らしい作品が読めたなぁと思いました。
 
全体的な荒っぽさはありますが、伝えたいことと取り上げたい部分が明確で、不要な要素を切り落とされているのでわかりやすい。
切り落としすぎて所々で生身が見えてしまっているのが欠点ではあるものの、良い出来だと思います。
 
冒頭で主人公の残骸を提示したことで、幸せな始まり、悲しみの変化、切望の終末までの展開が読みづらくなっている。
特に第二章の展開は秀逸。じっくりと交流を深めることで第三章、そして終章における希望に繋がっている。
一番の意外性は博士の死後から第二章が始まるまで。その展開は予想できなかった。
 
ここ最近見た電撃作品では一番電撃文庫らしい作品だと思います。
大絶讃とはいきませんが、読んでつまらんなかった、とは思わないと思いますよ。