Baby Princess〈7〉

Baby Princess〈7〉 (電撃文庫)

Baby Princess〈7〉 (電撃文庫)

7巻ともなると流石に冗長な気がしなくもないが、一冊のまとまりとしては中の下くらいでしょうか。
前回の引きであるマラソン大会。そこに行くかと思いきやその前日で終了。お兄ちゃんを巡って恋愛模様は過熱しますが、読者の熱は解熱方向かと。
 
物語の方向を恋愛面に持っていった関係で年長組みばかりがピックアップされており、8女以下の存在感が薄い。適度にピックアップはされているものの、いまひとつなところ。
アニメに併せているのだろう、とは思うのですが作品としての魅力がうまく生かしきれていない。
どちらかといえば、恋愛よりも家族愛を強調した方向性のが全体的にカバーできた気がしなくもないが、今さらか。
 
ここまで来るとオススメするのは難しい。文章は相変わらず古き電撃文庫を思い起こさせる。
イチゴ牛乳を牛乳で薄めまくって何杯も飲めるようにした作品。それが本作ではなかろうか。