子ひつじは迷わない 回るひつじが2ひき

スニーカー文庫が猛プッシュしている本作。前作よりも『人間関係』の描き方がわかりやすくなったと思う。
ミステリーではなく、ミステリー風の人間関係を描いた物語です。
 
まず思ったのは第一話の『国語テスト』は作者が読者に対して、一巻はこういう意図なんだよー、こういう風に見て取って欲しいんだよーと言っているように思えた。いや、そういう意図は一切ないのかもしれないが、あえてこの話を第一話目に持ってきた辺り、そういう意図があったんじゃないかなーと邪推する。
そしてそういう見方で本作を読んで欲しかったんじゃないかな。
三話目でミステリー要素を一切排除した話を持ってきた辺り、この話はミステリーじゃないヨーと言いたい気がするんだが。
 
さてと、今回は主人公『なるたま』はさほど活躍せずにヒロインがメインだった感じ。視点もヒロインのものが多く、彼女の小さな変化が描かれている。
人間関係に関しては相変わらずで特に語ることもなく。
 
手堅いんだけど、物語上、訴えかけてくるものがないなぁ。作品の性質上、どうしようもないんですけどね。
同じスニーカー文庫で『神様ゲーム』があるが、ああいう風にドン!と決め台詞、みたいなのが欲しいかな。
 
そう、この作品に足りてないのは読者をグイッと引き込むパターンだ。
コナン君の『真実は一つ』とか『謎は全て解けた』とか、金田一の『じっちゃんの名にかけて』とか、ガリレオのところかまわず数式を書く仕草とか、そういうパターンが欲しいかも。
 
わるくはない。でも、もしアニメ化をするなら、ガリレオのような改変がないと凡作になるかも。
原作のこれ自体、面白くはあるが訴えかける強さはないからなー。