ほうかごのロケッティア

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)

確かどこかのサイトでオススメされていて興味を持ったので購入しました。
人にオススメされたものが合うことは少ないのですが、これは面白かった。
 
色々と問題を抱えた高校生たちがロケットを飛ばすことを目指し、一年がんばる物語。
読み始めはひと夏の青春みたいな話かと思ったのですが、そんな簡単な話ではなく、もっと現実に沿った形で流れるお話でした。
個人的にこの作品の評価をあげることになったのはエピローグ。最終的に成功するだろう、というのは読者が予想する結末だからネタバレ自体は問題ないと思うが、彼らが行ったことによる町興し効果があったこと。
ご都合展開といえばそれまでですが、ご当地にある伝統的なものを発展させ、昇華させた結果としてご当地名産のPRとなった。これは先日ご紹介した「B-1を作った町」と非常に近い。
 
誰も注目していないところから大きなことをしでかし、マスコミの注目を集め、町興しとして成功する。これがまぁ一番わかりやすいパターンではある。まぁそううまくはいかないだろうが、良くも悪くも現代人の大半はいまだにマスコミの影響度が高いから、そこを利用するのは正解なんでしょうね。
K−POPなんてそのもっともなものだし、AKBだって同じだ。
あとはそれに便乗する人間が出てくればブームや町興しが生まれるんでしょうねぇ。
 
作品としてはとても映像化向きの作品だと思う。それも実写の。
作中の地の文にちりばめられたオタク要素を適度に切り落とし、爽やかな青春映画として作られたものを見てみたいと思う。
 
完成度は非常に高く、ご都合主義な所はあるけれど瑣細なこととして受け流せれるレベル。
青春小説が読みたい人には非常にオススメです。
 
***********************************
AllianzKadett(本サイト)
http://www.lily.sannet.ne.jp/allianz-kadett/
オリジナルのみの百合系小説サイトです。連載作品は常に二つから三つ、
原稿用紙80枚クラスの短編を十数回に分けて連載しています。
作品が完結してから連載するので途中で連載中止となることはありません。
***********************************