某作者さんの発言について

某有名雑誌で連載中の某人気漫画の作者の方の発言がネット上でちょっと取り上げられていて読みました。
8割受け入れられて、2割拒否したい内容かなぁ。
僕個人としては、無料で見た・聴いた・読んだものに対しては作者さんの言うとおりだと思う。また、継続購入しているものとかに関してもそうかな。少なくともこちらは対価を支払ったわけではないですし。(続刊は別)
ただ、有料で見た・聴いた・読んだものでそれが続刊以外のものならば、少なくとも批判を口にする権利くらいはあるはず。黙っていろ、といわれる筋合いはない、かな。
だって、こちらはそれに対して少なくとも金銭を払っているわけで、対価を支払ったものが対価に見合わなければ文句を言ってもいいんじゃないかなぁ。
続刊に関しては曖昧なところ。気に入らない展開ならそこで買うのを止めればいいだけですしねー。
 
僕がここで感想(批評?)を書き、批判やストーリーへの文句があるのは、そういうところで僕が楽しんでいるからです。
ストーリーの展開の仕方とかキャラクターの造詣とか、面白い表現や台詞があればピックアップしますし、こうなった方が面白かったんじゃないかなーと思えばそれを口にする。でも、それが絶対とは言いませんよ。
感じ方は人それぞれですから。
あとマイナス感想を書くのはプラス感想だけだと基準が生まれないから。
 
まぁ作者に直接批判を言うのはどう考えても良識を疑いますが。
自分のブログとかに書くのはアリじゃないかな。見るのは本人の責任もありますし。
まぁ僕はこれからも面白いと思ったものは面白いといい、つまらないと感じたものはここがダメだったと言い続けると思う。