3冊ほど

神さまのいない日曜日 (富士見ファンタジア文庫)

神さまのいない日曜日 (富士見ファンタジア文庫)

月光亭事件 (創元推理文庫)

月光亭事件 (創元推理文庫)

あれですよねー、ここの感想なんて読むより読書メーターの読んだ感想を読んだ方が参考になりますよねー。
というかですねー、今回も毎度のことですがネガティヴ感想しか出ません。別にネガキャンでもアンチでもないんですけどね。
ただ単に自分の感想に素直なだけです。
 
まずは「ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~ 」ですが、
個人的にはアサウラさんのダメな部分が全面に出たのが本書じゃないかなぁという感想。ぶっちゃけ、文章がくどくて長くてつまらなくてしんどいです。長い文章がこの作者の味とはいえ、本書の地の文章の長さはしんどい。
もうちょっと文章の量でも強弱をつけて欲しいというか、どうでもいい部分が長すぎる。文化祭の話ならあせびちゃん弁当争奪戦の部分は無駄に多い描写でいいでしょうが、他のところはもっとざっくりでいい気が。
箸休めのはずが脂っこいチャーシューというか、肉を喰わされた気分。重たい。
 
なので、本書に関しては読書メーターの感想をお読みください。絶讃のコメントにあふれています。
僕には楽しめなかったな、これ。
 
次に「神様のいない日曜日」ですが、
ファンタジア文庫大賞なので手を出してみましたが、2年後には絶対ストーリー忘れている自信があるね、が感想です。
テンポの良い会話と作者の比喩表現の不思議さがあいまって、なんとも変わった作りとなっていて、それなりに楽しめました。
ファンタジーだなぁというのと、これ投稿時にどれぐらい設定を詰め込んでいて、どれぐらい削ったんだろうなぁと思います。いや、別に謎な部分にまったくもって魅力を感じませんでしたが。
大賞を取るほどの作品なのかなぁと。
 
最後に「月光亭事件」ですが、
すごい、これは凄い火曜サスペンス劇場だっ! と思いました。あまりの衝撃展開に言葉を失い、たぶん大事なところを見逃してますよ、僕。
青春ミステリー好きで、普通のミステリーは別にどうでもいい僕としては本当にどうでもいい感じ。
話の展開や発想の奇抜さ、魅力あるキャラクターなどはさすがなんですけど、さすがなんですけど、火曜サスペンス劇場にしか思えないよ、この話じゃ!
なんていうか、火サスのドロドロの中に少年探偵混ぜてみました、みたいな感じでしょうか。
続刊は手を出さなくてもいいかな、僕的には。
 
 
以上、三冊の感想でした。
次はBaby Princessの4巻かな。それにしても、最近自分が当たりだと思うラノベに出遇えなくなった気がするのは、自分の嗜好が変わったせいなのかなぁ。そういう自覚ないんですけどねー。