Oz

Oz 4 (MFコミックス)

Oz 4 (MFコミックス)

原作:岩井恭平の本作。電脳空間と岩井恭平の組み合わせだったので読んでみましたが、うーん、設定の深さの割りに物語の展開がゆったりとしているので不満が残るというか、物語に引き込まれない感じ。
また未来日記が先行した段階だと同じ殺人ゲームというだけでは読者を引き込むのは厳しい。
 
能力の使い方や戦い方、舞台作りなどはさすが岩井恭平なのですが、読んでいると小説で一気読みしたくなる物語なので、このテンポだといつまでたっても満足できなさそう。
ちょっと手を出すのが早すぎた感じ。10巻ぐらい出てから読み始めればそれなりにすっきりとしそう。
 
ところで『消閑の挑戦者』の新作はもうでないんですかね。