嘘つきは姫君のはじまり―平安ロマンティック・ミステリー ひみつの乳姉妹

2009年上半期ライトノベルサイト杯で『鳥は星形の庭におりる』に投票した方が一緒に投票していたので多かった本作を読んでみました。
個人的に、日本歴史系と中国・韓国などのアジア系歴史モノは苦手ですので、それを前提とした上での感想となります。苦手な理由は設定やら名前の呼び方やらが面倒で、名前で読みづまる作品は嫌いです。
もうそれは作品の良し悪しに関係なく拒否反応を示してしまいます。
 
さて、前置きはおいといて本作ですがふむ、前評判どおりなかなかに面白い。
冒頭から色々な意味で設定がぶっ飛んでおり、特に探偵役で主人公の主人である馨子が色々な意味ですごい。このキャラクターを好きになれるかどうかがこの作品を好きになれるかどうかのキモになる。
個人的にはちょっと好みではないが、設定が生かされている以上、悔しいでも面白い、と言わざるえない。これで設定としてあるだけならいくらでも酷評できたのだが、冒頭のぶっ飛び設定が全編にわたって生かされていては言葉も出ない。
主人公に関しては嫌いになる人はいないタイプの人物で、作品上では助手役である。
 
さて、この作品だがミステリーである。
はい。ラノベのミステリーは結構好きでして、たぶん米澤穂信さんの愚者のエンドロールの影響がでかいかと。あれとであったことで、ラノベミステリーが好きになり、激アルバイターシリーズを筆頭とした初期富士見ミステリー文庫やエノーラ・ホームズの事件簿など良作を探すのが好きになりました。
 
で、この作品のミステリーとしての造りですが、カタルシスが足りない。
なんていうか、推理披露がしょぼいというか、盛り上がりに欠けるというか、面白いんですけどもう一つ演出を加えて欲しかったかな。
あれだ。危機感がないんだ。ミステリーに必要な緊迫感がこの作品には欠けていて、ほんわかミステリーみたいな人の傷つかないミステリーになっている。それはいいのだが、もう少し緊迫感か逼迫感が欲しかった。
今回で言うと、約束の期日が迫ってきている、みたいな緊迫感だ。それが欠如していて、結構楽しんでいるだけの印象しかない。
 
このあたり、エノーラのほうが優っている。
あちらはホームズというわかりやすい追跡者がいますからね。もう少し登場回数を増やして欲しいですが。

ただまぁ続刊は読んでみたい。ミステリーとしてきちんと形作られていることも好感が持てるし、キャラクターに嫌悪するものもいない(馨子だけ、やや慣れが必要だが)。
恋愛分はちょっと強めで、その辺りは参考資料として吸収していきたいと思う。恋愛描写、苦手なので。
 
二点に共通するのは女の子ががんばる点。
やっぱり、がんばる女の子はいいね。