読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TYPE-MOON(タイプムーン)エース VOL.3 2009年 10月号

お気に入り

TYPE-MOON (タイプムーン) エース VOL.3 2009年 10月号 [雑誌]

TYPE-MOON (タイプムーン) エース VOL.3 2009年 10月号 [雑誌]

ドラマCDがマジおもしれぇ!
脚本のACPIさん、いい仕事してます。ええ、とてもいい仕事です。こういうお話大好きです。さらっとネタを挿入したりする辺り、素敵過ぎます。
やっぱりTYPE-MOONはギャグの方が好きだ。ぶっちゃけ、このドラマCDだけで780円分の価値は十分ありますよ!
 
そんなTYPE-MOON(タイプムーン)エース VOL.3 2009年 10月号ですが、まだ全然読めていません。すごい情報量で読むのに時間がかかりそうだったので、ドラマCDを優先させました。
そしてこれが大正解! もうこれだけでお腹いっぱい大満足です。ドラマCDの付録でこの値段がリーズナブルであることを実感しました。他の雑誌でも、ドラマCDを今後付録にして欲しいなぁ。
読者満足度は相当高いと思う。
 
まずなんといっても、相変わらず猫アルクが面白い。さっちんにたいして、ミスノーフューチャーとかプリンセスバッドエンドって酷いな。
作画崩壊の呪いを一心に受ける薄幸(発酵)の美少女とか、新しいというか斬新だ。そんな比喩表現は想像していなかった。
わかりやすいですかー、あー、そうですかー、とかうまいなぁ。
あとなんかメルティの自虐出てないか?
 
そしてオシリス改が素敵過ぎるぞ。キャラ的に相当難しいキャラだと思うんですけど、すごいなぁ。
うん、もうなんていうか、型月が好きな人は買うべし。780円はマジで安いと思う。