学校の階段 10

学校の階段 10 (ファミ通文庫)

学校の階段 10 (ファミ通文庫)

さて、ついにラストランなわけだが難しいところだ。この作品はぶっちゃけ1巻だけで完結していて、2巻以降は一巻で飛び出した勢いで走り続けている部分に過ぎない。
だから、なんていうのかな、ラストランでファーストランを越えていない気がしたら、感想を書くのは非常に難しい。
 
構成としてはどうなのかわからないが、この展開になるなら最終巻の後半までは幸弘視点の必要性が感じられなかった。正直、前巻だけで十分幸弘の孤立ぶりは読者に訴えれていたはずだ。他の方の感想を読む限り、幸弘が目指している『先』が何なのか読者のなかにもわからない人はいた。
だというのに、最終巻でもくどくどくどくど同じことを繰り返されると、ぶっちゃけうざい。
 
どうせなら『階段部包囲網』の面々を中心にし、その人たちから視点で孤立していく幸弘を描いてくれた方が個人的には読みたかった。そのほうが幸弘が、階段部がどれだけ周囲に愛されているかわかったはずだし、ここまで幸弘たちを見てきた読者も同じ気持ちを持って応援できるのではないだろうか。
何かわからない。でも、何かに向かっている幸弘を応援できたのではないだろうか。
 
そして後半へと続いて最後には、俺もがんばろう、となるのではないだろうか。
 
この間は10巻も続いたのだ。10巻も追い続けた読者は立場的に言えば『階段部包囲網』の面々と同じ気持ちのはずだ。
結局のところこの作品は作者から与えられただけで、読者は作者が考えているテーマを押し付けられただけなのかもしれない。しかも作中の人物たちと違って何も手が出せず、見ているだけなのがつらいねー。
 
これにて『学校の階段』は終わりだが、結局1巻だけで十分だと思う。
2巻以降を読むかどうかは自己責任に任せる。僕がオススメするのは1巻のみ。
最終巻を読んで、そう思いました。
 
手招きせずに、見せつけるだけなら1巻だけで十分だ。