くじびき勇者さま10番札 誰が神の御使いよ!?

購入して、その日のうちに読む小説は『エノーラ』『くじびき勇者さま』『米澤穂信』ぐらいでしょうか。それ以外は暇でもなければ読みません。この辺りはボクの中では別格なのです。
 
さて、そんな『くじびき勇者さま』の最新刊。あきらかにもう冒険譚だった最初の頃の面影をなくし、戦記譚となっておりますが面白いからかまいません。
今回はついに敵の竜へと攻め込んでいく話となりました。相変わらずぶっ飛んだ科学話もありますがいつものことなので気にしたらダメでしょう。作者がメイベルの呼び名が下がったことを作中で指摘していたことが面白かった。まぁあのままあがり続けたら終わりがないですからね。
もう10巻にもなるということが失くなりますねぇ。レジーナが素敵だとか、またしても新キャラが出たとか、音速かよとか、メイベルのヤキモチが可愛いよとか、色々ありますけど、そろそろ短編集みたいなのを読みたいという願望があります。
何しろ科学技術の向上オンパレードで若干付いて行けないし、普段のやり取りをもっと見てみたいですし。
 
とにもかくにも、面白かったけれど、人にはオススメできないなぁ。やっぱり。