読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダークナイト

ダークナイト 特別版 [DVD]

ダークナイト 特別版 [DVD]

実は映画館ですでに見ていて、リアルで大絶讃していたんですが今日改めてレンタルDVDで見て、改めてこの作品は凄いと思いました。
全体に流れる空気というか、圧倒感というか、スピードというか、ボーンアイデンティティー(ボーンシリーズ)と同様にノンストップで進むストーリーに休む暇がありません。
ただボーンと違うのは向こうが頭を軽くして楽しむアクション映画なのに対して、こちらは正義と悪の戦いを考えながら見るアクション映画であること。どちらもアクションシーンが凄いが、そこに客を圧倒するテーマが加わるとここまで凄いものなのかと唸ってしまう。
 
なにしろ見方が色々とある。それだけに映画を見たあとに他の人の感想を読むのもまた面白い。
個人的には細部に詰め込まれたセンスある会話ややり取りが最高だ。傑作というのはこういう細部が面白い。視聴者が見逃しても仕方ないくらい小さな部分にまで伏線を張ったり、さらっと流す部分に力の入った演技や台詞が入ってくる。
ここら辺が大作と呼ばれるものに欠けていることが多い。大味で旨いというインパクトはあるのだけれど、細部が適当だから中がスカスカのスポンジで出来たケーキみたいなものだ。それでは傑作にはなりえない。
もちろん、全ての人がそういう部分にこだわるわけではないのは映画の興行収入ランキングを見れば一目瞭然である。
 
けれど、僕はそういう細部に注目したいし、自分の書く小説も細部にこだわっていきたいと思っている。
もっとも、大前提として大きな形がきれいでないとダメなんですけどね。
 
ああ、そうそう、せっかくDVDをレンタルしたので吹き替え版も試しに見ているのですが、これはなんというか、言葉に困る変化ですね。
字幕版を見たあとだと余計に厳しいですね。