コミックマーケット74 3日目

コミケ3日目は朝の4時から始まりました。友人と駅で落ち合って吉祥寺の始発で新宿まで行き、そこで電車を乗り換えて大崎へ。あとそこで友人の友人とも合流し、四人メンバーへ。
大崎駅に着いたときはすでにすごい人数で、ホームにいた全員が乗り込んだ時点で軽く電車内が埋まっており、友人の友人の熟練の経験が功を奏し、比較的楽に国際展示場駅へ。で、ホームではぐれました。元々、僕一人だけ西を攻める予定だったので何の問題はなかったので、西の待合へ。
このとき朝の6時くらい。スタッフの誘導に従って地面に腰を降ろす。このときかなり虫に刺されたみたいで、しかも服と擦れて現在もまだ痒いです。で、ひたすら別れた友人とメール交換を繰り返しながら(東のあとりえ雅を頼むなどして)待つこと3時間。列が動き出し、階段前、鳥居越え、そして開場。
 
圧倒的に東へ向かう人が多く、西へ向かう人は少数だったので5分くらいで目当ての「日曜/西 すー36a」のまんががあればいーのださん、のところでニュースサイト管理人の方が出されている本四冊購入。(ここで全て購入できたと勘違いしてゴルカムさんのメイドの本を買い忘れました)続いてニュースサイト読本を前年のも含めて二冊購入し、水谷悠珠さんのサークルへ行き、新刊購入。
この時点でほぼ満足。そばで「D・N・A.Lab.」があったので記念に大手を一度経験しておくかと並んで、30分の牛歩に即効ミスったと後悔しました。A.M.Rの紙袋を二つ持った人や隣の石恵のサークル「偽MIDI泥の会」の捌け具合の早さなどを見ながら何とか新刊と紙袋などを購入し、ふーと一息ついて百合サークル・創作(少女)巡りへ。
いつも買っているところを買ったり、見たりして小説系へ流れました。
全体的にゆったりまったりしていた西なのですが、小説系を見終わったあとに向かった動物系と装飾系の女子率の混雑具合は別世界でした。ぬいぐるみとパンダの小物(?)を購入して、雅を買ったという友人の報告を受けて東へ。
移動は結構スムーズでした。天候が涼しかったので、不快指数も二日目に比べればぐっと低く、汗もあまりかかない。
友人と落ち合って、雅分のお金を渡し、友人が列の多さで放置していた「Indico life」と僕の興味があった創作(少年)のサークルを見て回る。
 
友人が「Indico life」に列んだので、その間に見て回ったのですが「ドリームシップ」が見当たらない。それ以外はいくつかあったのですが、時間がきたので再度友人と合流したら友人の友人もいて、互いに戦況報告。
で、友人たちは撤退するとのことだが僕は残って企業へ。お尻マウスパッドと抱き枕。それを求めていったのですが、マウスパッドは購入できたのですが抱き枕はダメでした。ちょうどイベント開始で「ふわー」と思いながら下へ。東へペリカンへ。と移動を繰り返し、あまり成果はないまま閉会時間を迎えました。
 
そして霧雨のなかりんかい線に乗って大崎→東京で、お土産やら晩御飯やらを買ったり、食したりして、上越新幹線で帰還。深夜12時を越えて自宅着で、死亡しました。
 
一泊二日の強行軍はそんな感じで幕を降ろしました。ペリカンで配送した荷物は翌日の11時ごろには家に届きましたし、大満足。
大手は大半スルーですがなんだかんだで購入数は結構な量に。
ただ去年買えたところで今年買えなかったのなどがそこそこあり、それは残念。あと自分の行動が結構裏目に出ていたのも今の運気のなさを象徴しているなーと思いました。あと仕事場から頼まれたお土産がかなり精神的に邪魔でした。こっちは趣味で旅行しているのにそこに絡んでこないで欲しかったです。
 
次くらいに購入したサークルリストをあげられればいいかなぁと思いますが量が多いので微妙かもしれません。
欲しいところ、抑えておきたいところは最低限押さえられたのでまず満足。ニュースサイト系の本なんて地方で手に入る確率少ないですし(とらもメロンもないところでは)。
 
色々と強行軍で全てを使い果たしましたが楽しかったです。
さてと、冬はどうしましょうかね。参加できるのかなー?