読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックマーケット74 2日目

今回、携帯のカメラ機能が壊れているため、写真での戦利品報告はなしです。POPの更新と供に戦利品の感想を書ければいいですが、そっちはどこまで持つのやら。あと今日もPOPの更新はありません。
 
2日目。16日は始発の電車に乗って、東京へ。前日の大雨のせいで電車の運行が遅れたおかげで到着したのはビッグサイトに12時ちょうど。入場フリーになっていると思っていましたが行列が形成されておりました。天候は他でも言われているとおり、危険域なくらいの大晴天。
入場までは二十分くらい? 手荷物検査も実施しておりましたが、それほど影響は感じずに入場しました。
西へと直行しました。企業ブースに行き、目的地もなくぶらぶらと歩きながらフェイトゼロのドラマCDやまんがタイムきららの冊子を買い、お尻マウスパッドを探しつつ広くなった企業ブースで本気で迷う。どこに何があるのかよくわからないままリーフを見つけて、初日地獄だったとは思えないほど余裕でみつみの画集を購入。さすがにスペシャルは完売でしたが残りは待ち時間ゼロで購入できました。このとき小牧 郁乃の抱き枕を買っておけばよかったとあとで後悔しました。これだけが今回の心残りです。
画集を買ったことで一気に重くなった革鞄を抱え、さらに企業ブースを見て回るも下が気になったので、エスカレーターで下へ。すごい人が西へ流れていて、汗でべっとりとした腕が触れ合うたびに……。
西の目当ては「音の文学館」のみでした。ええ、東方など無視ですとも。壁だったので少し不安でしたが余裕で買えたのでほっと一安心して、そこから「supercell」へ。こっちも並ばずにすぐに買えて、目的もなく巡る。
基本的にカタログは買わずに(というか、僻地なので買えない。ちゃんと注意事項や連絡はまとめなどで確認済みです)巡るので大手だろうと気づかなければスルーです。「マジカルバトルアリーナ 魔法少女武闘祭」が目の前で完売の現場を見て、拍手を送ったりしながら見て回るも東方・黄昏・フランスなどの大手が完売しているのを見るだけで小さいところまで見る気力もありませんでした。
そして、再度企業でお尻マウスパッドを探して、かなり迷ってようやく見つけたと思えば「Galge.comラジオ公開録音&倉田まりやサイン会」の準備中で買えず、諦めて一迅社百合姫を購入して東の竹箒を見に行きました。
当然、完売しており、わかっていたことなので東の百合(マリみて系)を見て、撤収しました。
 
15時くらいの個人的には早めの撤収でしたが暑さで本当に死んでいたので。
それから秋葉原にいき、色々と巡る。ここでもやっぱり目的地はないのですが、とらとアニメは避けました。メロンはグローブだけ購入して即効逃げました。あの匂いは耐えられません。あの匂いの中であのレジ捌き・商品処捌きを見せる店員さんに脱帽。あの速度はすでに神の領域だと思いました。慣れとか、機械的とかそんなレベルじゃねぇです。あれはもう見惚れるレベルですね。今日一番驚いたかもしれません。
そこからサンコーに上海問屋にむだやなどを見に行き、メディオ!にいきました。
メディオ!のPOPの展開の仕方は日々アキバBlogで取り上げられるたびに勉強になるのですがやはり生で見るとその迫力や独創性の高さは感激ものです。特に天井から吊るすPOPはじっくりと観察してしまいました。
 
そこで東京で落ち合うはずだった友人から夕食の誘いがきたので吉祥寺へ。落ち合って、金貸してとか言うからATMで金を降ろして軍資金を渡す。一緒に焼肉を食い、銭湯に入って、僕はネットカフェ、友人はホテル?へ行き、明日の朝落ち合うことで別れました。
 
以上、二日目です。うん、ダラダラと書いているのでわかりにくいですが、最初から二日目は諦めていたので。それにあの暑さでは辺境からの強行軍では体力が持ちません。
悔やむのは郁乃の抱き枕だけ。
 
参加した感じ、女性と若い子が多かったですね。中高生くらいの俗に言われるニコ厨・東方厨っぽい子達がたくさん。特に不快な思いはなかったのですが西から東に行くときに参加者の話し声で「手荷物検査なんてやる意味ない」とか何とか聞こえたのはちょっと……。どうしてそういうことになったのか、スタッフがどういう気持ちでやっているのか考えて欲しいと思いました。
本当にスタッフの方はご苦労様です、としか言えません。
 
それでは、次は三日目です。