神様もゲーム

あいかわらず鈴木くんの発想力にはど肝が抜かれます。鈴木くんの唯我独尊な振る舞いは時々イラッと来ることがあるのですが、こういう企画の発想と独創性に触れるとすごいよなぁと関心してしまいます。
今回は短編の連続でしたが、今回一気に買った小説三冊のなかでは一番中身があったような。というか蘊蓄趣味本とバカボンと比べること自体が問題なのかな?
あとはもう少し刊行スピードさえ早ければ言うことなしですね。
 
そうそう、ダブルブリッドの最終巻を手に入れました。
これから読みます。