死図眼のイタカ

死図眼のイタカ (一迅社文庫)

死図眼のイタカ (一迅社文庫)

 一迅社文庫は中堅どころを集めており、なおかつ表紙の差異が少ないのでどれを選ぶか困ります。
 次に読んだのは、伝奇ミステリーのこれ。
 悪くはないし、眠くならない良い作品だとは思うんですけど、この作品はいったい読者に何を伝えたかったのだろう? 惰性で流されずに、自分で決めて自分で行動しろ、ということなのだろうか?
 ミステリーとしては単純に読んでいると十中八九ミスリードに引っかかります。いやミスリードでもないのかな? Aという餌で釣っておいて、Bを騙すみたいな形でしょうか。密室とかそういうミステリーではなく、物語上の犯人探しです。
 なんなんだろうなぁ、うーん、手堅い一作というのが的確ですかね。
 新創刊の第一陣。この手堅さは妥当すぎて逆に面白みに欠けるのかもしれません。いや、面白いんですけどね。
 位置的には役目を完璧に果たしているんですけど、そんな風に思いたくないというのも本音で難しいなぁ。