読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルピナス探偵団シリーズ

一般小説

ルピナス探偵団の憂愁 (創元クライム・クラブ)

ルピナス探偵団の憂愁 (創元クライム・クラブ)

 東京創元社から出ている、青春探偵小説の一つルピナス探偵団シリーズをようやく読み終わりました。
 私立ルピナス学園高等部に通う吾魚彩子は、あるときうっかり密室の謎を解いたばかりに、刑事の姉から殺人事件の推理を強要される。なぜ殺人者は犯行後冷えたピザを食べたのか? その後も飄々たる博識の少年・祀島らと、青薔薇のある雪の館の密室殺人、死んだ大女優の右手消失事件に遭遇する。不合理な謎が論理的解明を経て、鮮烈な幕切れをもたらす本格ミステリ3編を収録。(ルピナス探偵団の当惑のあらすじ)
 
 東京創元社から出ている青春ミステリーといえば、米澤穂信を思い浮かべる人が多いのかな? まぁ代表格であることは間違いなく、僕が青春ミステリーを好きになったのも米澤作品に学生時代に触れたからですが。
 現在、東京創元社から出ている青春ミステリーは、米澤穂信作品以外に、桜庭一樹の『少女には向かない職業』やほしおさなえの『ヘビイチゴサナトリウム』 、谷原秋桜子の旧・激アルバイターシリーズ、似鳥鶏の『理由(わけ)あって冬に出る 』とかがあります。というか、僕はそれしか把握していないし、読んでないですねぇ。他にもあるのならぜひ読みたいです。
 
 そのなかで、このルピナス探偵団は1巻だけだと満足できなくて、2巻に来て青春ミステリーとして完成された作品で、青春ミステリー好きなら読んで損はないだろうといった内容。系統的には旧・激アルバイターシリーズに近いです。主要な登場人物の配置や性質が似通っており、どちらがより面白いかは好みの問題でしょう。
 青春ミステリーとしてならルピナス探偵団を押します。キャラクターものとしてなら旧・激アルバイターシリーズを押します。好みで言えば、旧・激アルバイターシリーズの方が登場人物や物語に好感が持てます。ルピナス探偵団は物語としての質は高いですが、登場人物に愛着が持てませんでした。(人が死んでいるのに、シャンプー貰う、とかいう軽口はさすがに退きます)
 元々、ルピナス探偵団はティーンズ文庫であったのを激アルバイターと同じく、創元推理文庫で復刻した形でして色々と似通ってもいるので、両方を読んだ人間だと比べてしまうのは仕方ないではないかと弁明をしたくなります。
 
 1巻は特別、青春ミステリーといった感じではないです。たんに高校生が主人公のミステリーなだけで、青春の苦味としては米澤作品に及びませんし、キャラクターとしても似ている激アルバイターと比べれば好感が持てません。
 この作品が光るのは2巻。いきなり、主要キャラクターの一人の死から始まります。ある意味で禁じ手のような気もしますが、だからこそ時間を逆行するつくりの2巻では色々と感じる点があり、ラストシーンは青春ミステリーをしていました。
 
 ハードカバーで高額なので、文庫になるまで待って覚えていたら買うのがオススメでしょうか。
 ミステリーとしての評価は、僕にはできません。推理できるほど頭がよくないですし、結末まで読んで総合的な物語の完成度でしか判断しない人間なので、難しいです。ええ、本当に、まったく考えずに主人公たちの推理を読んでます。
 とりあえず、そろそろ東京創元社は青春ミステリーフェアでもしたら良いんじゃないかなぁと思ったりします。
 せっかく、米澤穂信直木賞作家の作品を持っているのですから、機会を逃したら『青春ミステリー』なんていう比較的若者向けのミステリーが廃れちゃいますよ?