読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AliceQuartetOBBLIGATO

お気に入り コミック 百合

Alice Quartet OBBLIGATO (角川コミックス)

Alice Quartet OBBLIGATO (角川コミックス)

 藤枝雅さんと源久也さんが描く四人の乙女が奏でる物語。まったりゆったり心地よい雰囲気で、とてもとても幸せな空気が流れている。それがとても読んでいて気持ちよくて、ほわぁと心が温かくなります。
 藤枝雅さんが描く作品の中でも、AliceQuartetは二番目に好きです。一番は飴色紅茶館歓談ですが、それでも一番と二番の間にある壁は限りなく薄くて、もうねもうね、ほわぁという感じです。ドラマCDはもちろん全種類集めておりますし、冬のコミケで出されたAliceQuartetの湯飲みも購入済。創刊当時のコンプエースを買っていたのは、この作品があったからという溺愛ぶりだったりします。
 今回の単行本なんて待ちに待った作品でした。本屋で見つけた瞬間、「えっあれ? 今日? あれ?」と想いながら即購入。うずうずしながら仕事をして、深夜3時くらいから読み出す始末。
 きっと多勢の方から感想をいただいていると思いますが、一つでも多い方がきっといいと想い、書いています。
 
 とってもとっても素敵な本なんですけど、そのなかでも124ページの3コマ目が大好きです。そこにある言葉の深みに悶えてます。その台詞は本当に本当に相手のことをわかっているから出せるわけで、それが本当に本当に素敵なんです。あと131ページの1コマ目のすーがすごく可愛かったです。
 面白い本ではないかもしれません。でも、僕はこの空気が好きで、こののんびりとした展開が好きで、面白いというよりも素敵と思えるこの本が――この作品が大好きです。
 
 カバーを付けて、あと20回は最低でも読み返したいと思います。
 ありがとうございます。仕事で疲れた心が癒されました。