魔女の生徒会長

魔女の生徒会長 (MF文庫J)

魔女の生徒会長 (MF文庫J)

 MF文庫の日日日の最新作は、端的に言えば、日日日的『涼宮ハルヒの憂鬱』でした。
 個性的なヒロインに、傍観者的な主人公、いじられ役の先輩に、何を考えているかわからない同性。これにあと一人加わればまさにといった感じで、日日日的『涼宮ハルヒの憂鬱』みたいな組み合わせでした。
 まぁ、似通っているのはキャラクターの立ち位置だけで、話の内容自体は別物ですけど。
 
 内容は、良くもなく悪くもなく、いつもどおりの日日日の作品だと思いました。どうやら作者は型から抜け出す書き方をしたらしいですけれど、僕には今ひとつ今までとどう違うのかがわかりませんでした。
 むしろ、奇抜な名前とか奇怪に関する表現の方法とか、いつもと大差ないんじゃ……。と思いました。