読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勧業祭

雑記 同人誌即売会

 京都のみやこめっせで開催された勧業祭なる5つくらいの即売会が合同でやったイベントに一般参加してきました。
 お目当ては特になかったのですが、一応百合系統の即売会も中に含まれていたし、友達との軽い冗談での参加でした。まぁ、コミケ後だからあまり即売会に対する拒否感はなかったし、百合についてもうちょっと他のアプローチを見たかったというのもあります。あと、即売会がどういうものか知識として知りたくありました。
 そんな色々な考えもあって参加した即売会、あのまったりとした空気が好きでした。ただし一度外に出たら中に立ち込める匂いに倒れそうでしたけれど。
 即売会会場は二つに分かれていて、右がコスプレブースと「乙HiME☆復活祭Try」「Maiden's Garden 2」「陣代高校文化祭'07」で左が「ストラグルコスチュームズ(旧称:装甲少女)」「陵桜祭2」「月下の祭典2」でした。
 熱気的には左が盛り上がっていて右が落ち着いている感じ。まぁ、ジャンルの勢いとか好きな人とかそう云うのなんでしょうね。開始から1時半ぐらいまでいましたけど、見ていてその違いが面白く、またあの空気にまったりと癒されておりました。
 即売会慣れしていないし、別に目当てのサークルもなかったのでぶらぶらと友達と回って、互いにネタを言い合いながら笑ったりして巡るのほほんモードでした。その中で友達はマリみての本を数冊買っていました。えーと、カップうどんの表紙にマリみての絵を付けたサークルとらき☆すたのキャラのトートバックを売っていたサークルだったかな。あと「どろぱんだ」を非常に気にしてた。たぶんネタ的に。
 で、僕は「くりぃむびすけっ★」というサークルさん(?)と「童話建設王国」というサークルさん(?)の二つで本を購入。値段と中身を見た感じで購入。「Dolly?」と「蝶愛歌」、それと「お砂糖の裏側」の三冊です。
 
 「くりぃむびすけっ★」さんの本は両方とも悪くなかったです。「蝶愛歌」は普段僕が考えないタイプの百合だったので新鮮で面白かった。こういう百合を読めて嬉しいなって思えました。「Dolly?」は王道の楽しさがあって、ささやかな面白さというか、大きな感動はないけれど、気持ちのいい本でした。
 「お砂糖の裏側」はどうやら委託だったみたいですね。百円という価格とショートショートだったのが購入の決め手。こちらは種類の違う四つの話がなかなかよかったんですけど、いかせん稚拙。「!」のあとに一文字空けるとか作法上大半が問題なかったですけど「…」は知らないのかな? と少し残念。小説の雰囲気があるだけにもったいない。あと、組み立てというか整合性がおかしいのが最大の難点。前と後ろで書いてあることが違うのがいくつもあった。長編なら未だしも(本当はダメですけど)ショートショートでこれは致命的。本にするなら推敲をきっちりした方がいいと思いました。Webならまだいいと思いますが。僕なんてまったく推敲せずにUpしますし。(Webは)
 
 それでも書店で手に入るものとは違う百合を読めたのは嬉しくてしょうがない。
 またあったら一般参加してしまいそう。
 悲しいのはこの趣味を共有できる人がいないということ。
 次は「東方紅楼夢」か「関西コミティア」かな?