いおの様ファアンティクス2巻

 藤枝雅さんが描く百合漫画。女の子だけのハーレム漫画です。
 まぁ、一巻からしてなんでもありのご都合主義? 劇場版 機動戦艦ナデシコでウリバタケさんが言う
「ご都合主義と笑わば笑え! だが見よ! この燃える展開! このメカニックゥゥゥッ!」
 みたいな感じでしたし、そこを突っ込むのは野暮ってものでしょう。第一、藤枝雅さんの作品は基本ご都合主義で構成されていますから、ね。ティンクルセイバーとかまさに。
 個人的には、そこにもっと燃える展開を加えていただけると萌える展開だけでない漫画になると思っているんですけれど、まぁARIA的な癒し方面に進む方が向いていそうな気がせんでもないですが。
 
 で、話をこの漫画の感想に戻すと、正直なところまぁこんなものだろう、といったところ。
 実を言うと、僕はこの漫画があまり好きではなかったりする。というか、いおの様の性格や百合よりレズの気が強く感じて今ひとつ面白いと思えない。というか、ハーレム自体が……ね。
 なんていうか、天地無用の天地的な形でのハーレム(第一期までね)ならばOKである。
 もちろん、いおの様の魅力や各キャラクターの個性などは重々に読み取っているつもりだし、ハーレム系コメディとしてキャラクターがしっかりと完成されているところはさすがである。
 けれど、それとこれは別。僕の好みではない。
 この辺り難しいところなんですけど、まぁファンだからこそぐさっと言いたいことも言おうかなぁと。Mixiで一度感想を読まれた経験があるので迂闊なことを書くと読まれるのはわかっているんですけど、まぁね。
 
 ああ、寝落ちしてました。続きはまた今度。