天地無用!

 商品紹介は劇場版ですけれど、今回僕が見たのは、天地無用!の第3期です。8年ぶりの復活ということで、期待値がマックス状態で今まで見るのが怖かったのですが、ついに見る気になりました。そして見てみれば、気持ちが一変、今度は続きが気になってしょうがない状態です。
 一応、現時点では三話まで見ました。1話は回想としても素晴らしかったですし、久しぶりに帰ってきた天地ファミリーに顔がにやけて仕方がなかったです。でも、2話から徐々に?な状況に。8年も待たせた話でこれだけ新キャラクターを登場させる必要があるのか謎でした。
 特に姉の存在とか、おばあちゃんの存在とか正直いらないんじゃ……。許婚の話自体必要ないと思いました。
 いっそのこと、天地の母親の話を中心にしてZとかを関係させた方が何倍もストーリーは面白かったと思う。
 僕的に天地無用でも名作に位置する劇場版をパラレルワールドで描くのならば、そちらをメインにして話を巧く組み上げた方がね。
 
 元々、天地無用は八年前の時点でキャラクターの個性が完成されており、元祖ハーレムアニメとしては究極の位置にありました。だから新キャラをとやかく増やす必要なんて一切なかった。今いるキャラだけで十分話を作ることは可能だったはずだし、それが出来ないなら製作者は自信の才能のなさを嘆くべき。それくらい天地ファミリーは完成度の高いキャラクターだと思っています。
 しかも2話以降はどういうわけか新キャラにスポットを当てて天地ファミリーを若干空気化しているし。
 どうしてこうファンの求めているものと製作者が求める形は重ならないのか不思議でなりません。
 
 それでも、天地ファミリーを再び見れて幸せです。
 なんか色々と物語を派生させる計画があるみたいですけど、まったく興味がわきません。GXPもそうですけれど、このシリーズのキャラデザとキャラの個性が濃い。それが僕には受け付けられません。
 つーか、あの髪型と顔の造詣と服のセンスと個性はどうなのか、と。
 
 しかし、セル画とデジタルはだいぶ違うんだなぁと感慨深くありました。