ALL AROUND TYPE-MOON

 夏コミで並んだ末にゲットしたドラマCD「アーネンエルベの一日」を聞きました。
 TYPE-MOONの作品は、空の境界月姫歌月十夜メルティブラッドFate/stay nightFate/hollow ataraxiaFate/Zeroは読んだりプレイしたりしているので、予備知識は十分でした。
 そしてそんな人間には爆笑ものの出来でした。
 あらすじに関しては某有名どころで出ているので触れませんが、脚本が限りなくメタ視点で描かれていることは言っても大丈夫かな? そのメタ視点の台詞が笑いのツボを突いてきます。あまりのネタの多さにあらゆる意味で奈須きのこがぶっとんでいることはわかります。
 あとパロディ・時事ネタが多い。最近のアイドルはロボットを乗りこなす、とかそういうのもありました。
 個人的には、桜の出番が多かったことが嬉しかった。桜可愛いよ、桜。
 奈須きのこが描きたかった白レンのツンデレ率には全米が感動した。典型的なツンデレを描きながらも、きちんと白レンとして機能している辺りがすごい。色々な意味で空回り具合が可愛いです。
 ゴルゴン三姉妹の姉二人はいいなぁ。声がついたのは実は初? この高貴な声はすごいなぁ。それでいてライダーを罵倒されたときの怒り具合に百合分が大量噴出していて悶えた。いいなぁ、この二人こそ真のツンデレ
 
 色々な意味で楽しめるドラマCDでした。並んで買っただけのことはあったと、素直に思いました。
 これでタオルとかそういうのまで手に入れればよかったんですけどね。
 とにもかくにも、TYPE-MOONが好きな人なら必聴確定。