このライトノベルがすごい!2007

 このライトノベルがすごい!2007が発売されていたので購入してきました。ワクワクドキドキですよ。僕が投票した作品はどうなっているのか? また、上位はどうなっているのか!?
 と、気になって購入しました。
 感動したね。もうね、一位を見た瞬間、すごい感動した。
 そう、こうあって欲しかった、と思うのが現れていて感動しました。もうね、この一位だけでこの本を買う価値があったと思いました。去年、一昨年は個人的には意味のないランキングでしたけど、今年は違った。だからこそ買う意味がありました。


 僕は天の邪鬼な性格なので人気作は押したりしません。特にこういうランキングで押したって意味がないでしょう? だって誰もが読んでいる人気作をわざわざ押したって意味がない。しかもその年のと言うなら、その年発売され、しかもニューフェイスを押したほうが面白いに決まっています。
 だから、僕はニューフェイスしか押しませんけどね。
 実際、
1位 神様ゲーム
2位 学校の階段
3位 電蜂
4位 マテリアルゴースト
5位 図書館戦争
 選んだのがこれだからなぁ。
 あっそうそう! 学校の階段の読者コメントが採用されていましたよっ! いやぁ、びっくりした。まぁでも、これ以外採用されていないけどねっ! というか、これ以外僕が投票した作品はベスト30に入ってないけどね!
 ふみゃー! マテリアルゴーストや図書館戦争は60位以内に入っていましたけど、なんで、なんで神様ゲームや電蜂は入ってないんだぁー!
 ううっ、みんなぁ、もうちょっと色々な作品に目を向けようよ。まぁ、今までに比べれば格段にライトノベルらしい多様性のあるランキングになりましたけどね。来年、さらに期待できそう。
 とにもかくにも、僕のコメントが読みたい方はこのライトノベルがすごい!2007を立ち読みでもいいから見てみてくださいねぇ!
 ハンドルネームである高坂戒であるから見たらすぐわかります。


 個人的に、どれだけの本屋が『このライトノベルがすごい!』のランキングコーナーを作るかが見ものです。購入した、アニメイトとらのあなではまだやっていませんでした。まぁ、発売したばかりでやったら本が買われませんからねぇ。
 でも、12月1日ぐらいからランキングコーナーは作って欲しいです。大体こういう本は初動だけのはずですから。それ以降はランキング結果よりも内容優先の人が買うでしょうし。
 それよりも、ランキングを作成して、購買に勤めたほうが本屋としては儲かると思うんですけど。
 このランキングができるかどうかがその本屋がラノベを押しているかどうかわかるんじゃないかな。
 まっ僕が担当なら確実に必ず、完璧に作成しますけどね。そして押す! 今年の一位は押したら売れるぞ!


 まだまだ書きたいことはありますけど、明日以降に分けたいと思います。
 そうそう、ちょうど一位になった本をその日買いましたよ。しかも、ランキング見る前にね! いやっほぉ! 売り切れる前に買えてよかった。