休み

 明日だと思ったら今日でした。で、急だったので「ああっ女神さまっ」のアニメでも見ようと思い視聴してみました。あー、アニメを見ている量が多いので、何かやばいソフトを使っていると誤解されそうですが、単に近くにレンタルショップがあるからなだけなんで、あしからず。
 最新のアニメに関しては、友人に頼んでの視聴ですけどね。最近はブロードバンドが発達したおかげでそう時間がかからずにデータで最新のアニメが見れますからねぇ。もちろん、パソコンで見たテレビを録画してのですよ?
 だから、微妙にアニメの感想とかがテレビの放送とずれるわけですね。

 さて、「ああっ女神さまっ」ですが普通にクオリティは高いですねぇ。今更感が漂いますけど、やっぱりアニメ化して欲しい作品でもありましたし、見てみて面白かったですよ? つーか、井上喜久子さんのヴォイスは最高の癒し系ですね。能登麻美子さんの声も癒しがありますが、格の違いでしょうか井上喜久子さんの癒しには適いませんね。
 つーか、能登麻美子さんの三嶋沙夜子役起用はどうなんでしょう? 僕的にはかなりのミスキャストに思うんですけど……どうなんでしょう? なんかキャラのイメージと合わなくて、それでいて能登ヴォイスが素晴らしくて思わず笑っちゃいました。能登ファンの方すみません。
 でも、べディヴィエール(?)といい、能登ヴォイスは一つ間違えると完全なミスキャストになると思います。まっ僕の中で能登ヴォイス=藤堂志摩子さんで完成されているんですけどね。
 だいぶずれましたが、「ああっ女神さまっ」はよかったですよ。丁寧に作られていて、愛されていることがわかります。原作通りですし、当然、ウルドが出てきた辺りから少し面白くなくなっていくんですけど……。単にウルドが苦手なだけかな。一期は6巻までらしいし、どうなるんだろう?
 とりあえず、9話まで見たので残りを少しずつ見ながら癒されたいと思います。

 そして、ついにWiiの発売日と価格、それにソフトラインナップが発表されましたね。
 12月2日発売決定。価格は25,000円はまぁ、妥当かと。正直、売れるでしょう。映像を見るだけでも十分、Wiiが他のゲーム機と違うこと、ゲーム慣れしていない人間にも簡単そうなこと、ゲーム性がDSと同じことなどがわかります。
 しかし、これは集団でやることを前提になっていませんかね。一人でやるゲームではなく、集団でやるゲーム、それがWii。昔のゲームも個人より集団が強かった気がしますし、原点へ戻ったということかな?
 逆に個人で遊びたい場合はXbox360やPS3を買えばいい訳で。
 まぁ、僕は当分パソコンでゲームですけどねぇ。Wiiは甥っ子がゲームを出来るようになったら買ってあげるつもり。パソコンを教えるよりもまだ健全だ。

 最後に、なんか韓国の掲示板(?)か何かにアドレスが書き込まれているんですけど……。
 日本語の勉強のため、何チャラかんチャラとか書いてますけど、韓国の方にまで読まれていたとは……。ワールドワイドウェブなだきゃあるわ。全然予想していませんでしたけどねぇ。
 ある意味、これを励みにでもしてがんばりたいと思います。