キズナアイ 公式コミックアンソロジー

 バーチャルYoutuberキズナアイ』初の公式アンソロジー

副題の「トモダチをつくろう編」というのを読まずに、この本どの話も「トモダチを作りたい」ってテーマだなぁと途中まで思っていたのはここだけの話だ。

 

さて、途中までそんな勘違いをしていたんですが、いやいやこのアンソロジー。テーマが限定されているというのに、面白い。アンソロジー本は結構良し悪しが分かれるタイプで、値段のわりに面白くなかったなぁというのが高確率で出会いやすいという危険なジャンルだったりするのですが、これ、面白いよ?

冗談抜きで、笑わせてもらったし、じんわりと心が温かくなったし、面白いな、これ、と思いました。徐々にギアを上げていく感じですね。お笑い部門では「阿東里枝」「西出ケンゴロー」「ほっぺげ」の3名の作品が個人的にトップ3に入る面白さ。感動部門では「カモトタツヤ」「みかん氏」「iori」の3名の作品がよかったです。

他の方もそれぞれ尖りつつ、「トモダチをつくろう」というテーマとキズナアイへの愛からか、暴走しすぎず、どれもきっちり作ってきていて満足度の高い作品群となっています。

特にね、西出ケンゴロー先生の作品がいいんです。あっ、この人ちゃんとキズナアイちゃんの作品を見て、どう解釈したら面白くなるか考えて作ったなぁと思う内容なんです。ぜひ読んでいただきたい。

 

アンソロジーとしてはかなりいいほうではないでしょうか。

キズナアイちゃんが好きな人は興味本位で買ってみてもいいのではないでしょうか。

 

 

で、ときのそらちゃんのアンソロジーコミックはいつ発売ですか?

川柳少女5巻

川柳少女(5) (講談社コミックス)

 

 帯の煽りが読み終わったら、次回のことなんかーい! と突っ込まずにはいられない。

今回も七々子が可愛かったですね。

 

開幕2ページで笑いを持っていく部長さんの強さ。2話目で「取れる勝ち星は取っていくのがこの班のポリシーでしょ」というエイちゃんの発言が面白すぎる。本当にこの作品は笑いの瞬発力がすごくて、常時笑いっぱなしで面白くてしょうがない。

もう色々なところで笑わせてくるし、それでいて可愛いし、今回は特別編として0話があって感動した。二人にこんな前日譚があったとは。もうね、桜の木のシーンが素晴らしくて、ヤバかった。川柳少女でここまで感動させられるとは思っていなかったから読む手がそこで止まってしまいました。

ああ、本当にこの二人が尊くて、それゆえに五町ちゃんがさぁ、いい子だから、いい子だから、切なくて、彼女も幸せになって完結してほしいなぁ。

あと地味に部長さんの恋愛が動いていて、面白かったです。

 

今回も幸せ成分たっぷりで、面白かったです。

はぁ早く続きが読みたい

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

 

 

 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?のコミカライズ。

非常に高い画力で描かれた本作は十分原作補完になるんじゃないでしょうか。

 

女の子が非常に可愛らしいです。コミカライズ担当のCHuNさんがとても良い仕事をされていて、女の子可愛いし、サービス精神旺盛だし、太ももとか凄いこだわり感じるしで、これは当たりなんじゃないですかね。

原作のどこまでコミカライズをするのかわかりませんが、かなり丁寧に描かれているので原作未読の方も楽しめるし、原作好きの方も安心して買っていいと思います。

最後に怒涛のエロス要素もぶち込んできており、今後の変態要素がどうなるのか非常に楽しみです。

 

それくらいかな。まぁ表紙の時点で半脱ぎなのであんまり感想を書くと、こいつ変態じゃね、と思われそうなのでこの程度で。

とりあえず、ふとももと下尻?のこだわりが半端ない作品です。

踏切時間4巻

踏切時間(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

 

 5分アニメが絶賛放送中の日常系オムニバスショート。

里好先生の作品がアニメで見れるとか、とても嬉しいです。

 

といっても、テレビがないのでBD待ちなのですが。アマゾンビデオで1話だけ見ました。感動。BDも1つだけだし、値段も5,000円とお安いですし、購入確定ですよ。

そんな踏切時間も第4巻。2期作れるように今後も続いてほしいです。

それにしても、今回も面白かった。最近、漫画の感想面白かったしか言っていませんが面白いんだから仕方がない! というか、うーん、という作品は感想を書くのに時間がかかるので書かないことにしてます。すごく批判的な意見が言いたくなる時は書きますけど。

4巻は冒頭からJKにタイツを勧めてくる坊主とか危険案件をぶち込んでくる采配で、さすがアニメ化作品だぜ! 恐れ知らずだな! と思っていたら、中盤でJKに異様に近づくサラリーマンとか言うさらに危険案件ぶっこん出来て、キレッキレでしたね。JKの尿意我慢とか、BL的な男子高校生のやり取りとか、エロスの化身こと真島さんネタとか、幅広く危険なコースを攻めてきていて爆笑していました。

なのに、最後は子供のころ遊んだあいつは女子だった、とかいう定番ネタを攻めてくるとか、くそぉ読者の気持ちをもてあそびやがって、という采配。

凄く楽しませてもらいました。

 

ひっじょーに満足度の高い作品。BD発売が待ち遠しいです。

面白かった。5巻も楽しみ。

白聖女と黒牧師2巻

白聖女と黒牧師(2) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

 糖分の過剰摂取は肥満のもとになりますのでご注意ください。

そんな文言が出てしまうくらいの甘いラブコメです。

 

2巻になっても、というかなって、さらに糖分が増したー! 甘やかし、甘やかされ、が増量されるし、二人のイチャツキも増量されるしで、読むと幸せな気分になる。こういう作品好きなんだぁ。

西の町の聖女様の悲しいお話とかあったけど、そのぶんだけこの二人には幸せになってほしい、と思う2巻でした。この穏やかでほほえましい日常を描いてくれるだけでもう満足です。クローバーの花言葉を調べて顔を真っ赤にする聖女様とか、すごく可愛いし、気遣いできる好青年なのに聖女様の好意にだけ鈍感で見当違いの回答をする牧師様もほほえましいし、すっごくいいですよね、この二人の掛け合い。

そこにアベルという青年が加わることで緩急が出来ますし、さらに新キャラ登場でますます面白くなりそう。

あと今回は新衣装もあって、今後二つの衣装を使い分けていってもらえるのかな。町用の衣装がさぁ、清楚で可愛いのに加えて、オプションで牧師様のパーカーが付いたりつかなかったりするなんて、可愛さ爆発です。

パーカー女子、好きです。可愛いです。

 

今回もたっぷり癒され、当分補給をさせていただきました。

ごちそうさまでした。面白かった。

君は春に目を醒ます2巻

君は春に目を醒ます 2 (花とゆめコミックス)

 

 このマンガがすごい!WEB2018年1月ランキングオンナ編第1位。

毎月になって少しグレード下がりましたけど、めでたいですね。

 

ランキング上位に入るということはそれだけ評価上々ということで、縞あさと先生にはこれからも頑張ってほしいですね。今回もすっごく面白かったので!

天然王子様系の千遥とネガティブワイルド系の弥太郎の二人の男の子の間で、千遥くんが意識してくれるように頑張る絃。1巻から思いましたけど、千遥くんの「絃」と呼ぶのがいいですよね。なんかさ、カッコよさとやさしさがあって素敵なんですよ。この作品の淡く澄んだ空気に合うんですよねー。

展開もゆっくり丁寧でいいし、ちょいちょい笑いの要素もあって、誕生日企画を隠そうとする弥太郎に対して、秒速で気づく絃が最高に面白かった。この作品、そういうテンポがすごく良くて、ストレスフリーなのがまたいいんですよね。同時に作者が仕掛けてくる笑いの要素とか普通の少女漫画からずらした部分が面白くて、今回も密室に閉じ込められるというシチュエーションがあんな展開になるのは、うまいずらし方でいいなぁと。

 

とにかく、千遥くんが素敵な王子様で、ああ、漫画の世界くらいこんな王子様を愛でていたいなぁと思いたくなる作品です。

素敵な作品。3巻も楽しみです。

チャンネル登録者数2000以下のバーチャルYoutuberで気になった子をメモってみた

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com