魔人の少女を救うもの

魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate (GA文庫)

 

第9回GA文庫対象優秀賞受賞作。

ご都合主義と言われても、僕はこの話が大好きです。

 

すごく良かった。本当に久しぶりにライトノベルらしい、面白くてファンタジーで、心が満たされる作品だった。あらすじを見て、これはきっと僕の期待に応えてくれる作品だと思いつつ、なんかもう、フラグがガンガンに立っていましたが、この結末なら大満足です。

まず読み終わった後に思ったのは、帯がいい仕事をしているということ。

「人として死にたい。こんな姿になったとしても、せめて最後は人として…」というもうね、ああ、そういう結末があるんだろうなぁという予測が立つキャッチコピー。そしてその通りに進んでいった物語。そしてこの結末。

ええ、ご都合主義と評価する人もいるでしょうが、僕は好きです。悲劇とか美談とか、そんなのいらないんですよ。優しさがあればいいんですよ。それを感じられるかどうかがこういうキャッチフレーズがつけられる作品に一番大事なことです。

勇者一行の中に入れなかった勇者の幼馴染・ウィズ。傭兵となっていた彼は本作のヒロイン・アローンと出会い、彼女の目的のため一緒に北へと目指す。勇者の美談とともに語られる彼の過去や道中に起こる出来事から彼がいかに凡夫であるか、それでいて努力を怠らず、誰かのために行動できる人物であるか、それらを丁寧に描き、またヒロインであるアローンとの交流も丁寧に描いているので後半の流れへの説得力が生まれている。そして結末には優しさがあり、個人的にすごく良い読後感があった。

勇者側のキャラ描写は少ないがわかりやすいキャラクターを配置しており、さらっと入ってくる。最強設定具合もなかなかで、ウィズの凡夫ぶりと比較することで余計に際立つし、だからこそ最後の戦いが映える。うん、まぁそういう展開になるよね、と予想はできるがお約束というのは大事である。そしてそこまで丁寧に描いているから、お約束がよく映える。結末が素晴らしいと感じられる。

張られた伏線に関しては結構わかりやすい。いくつか忘れたころに出てくる伏線などもあったり、ライトノベルとして優秀賞にふさわしい完成度。

ごてごてした設定は少ないので読むのに疲れないし、かといって全く設定がないわけでもない。わかりやすく、簡潔で、それでいてファンタジーだ。

 

いや、ほんと、いい作品で面白かったです。

ファンタジーライトノベルを読みたい人には本当におすすめです。

これ大賞じゃなくて優秀賞って大賞のハードルめちゃくちゃ高いんですね。

そう思ってしまうくらい、良い作品であり、面白かったです。続編があったら必ず買います。楽しみです。

サキュバスのはつしごと。

連載当初から読者人気トップという本作。

たしかに、可愛くて、エロくて、楽しく、優しい作品だ。

 

健全な男子高校生のもとにサキュバスがやってきた、というシチュエーションは昔からよくあるものだが、サキュバスが新米でポンコツに加えて、男の子が優しく清い人物という設定と「初めては好きな人と」という宣言のおかげで、エロ一直線にならず、かわいくて優しい作品になっている。

とにかく表紙のヒロインであるサキュバスのリッタが可愛らしい。そしてエロい。特に冒頭のカラーページではエロさがよく出ており、素晴らしい。

特に85ページの膝枕から見る下乳の絵が素晴らしかったです。

基本的に下着姿がデフォなので、非常に柔らかそうです。

 

ヒロインの魅力がめいいっぱい詰め込まれた一作。

四コマとしての笑いは弱いですが、読んでいて気持ちのいい作品です。

私の少年4巻

 累計70万部突破で、色々なところで取り上げられている本作。

14歳になった真修がすごく良かった!

 

前回の遭遇から始まった4巻。これまでになかった真修視点で物語がかなり進んでおり、14歳という年齢でありながら昔よりも成長し、男の子になった真修が可愛くもあり、微笑ましくもあり、素敵でしたね。

ええ、特に聡子へアドレスを渡したり、連絡が来るのを待ちわびていたり、来た瞬間の喜びの顔や聡子が距離を置こうとした態度に動揺したりとその一挙手一投足が可愛らしく、健気です。そして何より美少年。

もう今回は1ページ1ページが重たかった。どう話が進んでいくのか、どんなふうに描かれていくのか、すごくゆっくりと読んだ。LINEのアイコンや連絡があったときの顔や自販機に立つ姿や本当にひとコマずつ丁寧で、真修の喜びとか悲しみとか、寂しさとか伝わってきて応援したくなる。

最初は一気に二年が経過してどうなるかと思いましたが、非常に丁寧に進んでいて安心しました。

 

5巻では真修がどれほど男を見せてくるのか、楽しみです。

ダンベル何キロ持てる?3巻

ダンベル何キロ持てる? 3 (裏少年サンデーコミックス)

ダンベル何キロ持てる? 3 (裏少年サンデーコミックス)

 

2巻までで20万部突破した筋トレ漫画!

トレーニングジムにおいてあってもいいんじゃないか、と思う。

 

さて、筋トレを題材にした本作も3巻となりましたが、勢い衰えません。それどころかキャラクターが出揃ったことでこれまで以上にバラエティ豊かな展開で筋トレを組み込んでおり、筋トレ知識として面白いだけでなく、漫画としても面白いです。

今回は特に立花先生の出番が多く、立花先生のオパ……南半球が非常に素晴らしかったです。もちろん、ひびきのオパー……北半球、南半球も素晴らしかったです。あとパイクショルダープレスの絵でタンクトップがめくれ上がる描写など、ええ、作画担当のMAAMさんのこだわりを感じます。

まぁ、一番露出しているのは街雄さんなんですが。

 

今回の筋トレはどちらかと言えば、ジムではなく自宅とかアイドルタイム的な空き時間にできる筋トレが多かった印象です。アイソメトリックスというのは知らなかったので勉強になるとともに、今後空き時間などでやっていこうと思いました。

あとさらーと食べ物が出るたびにカロリー表示をさせているあたりが油断なりません。

個人的にはこの作品とプラマイごはんの2冊を読めば、筋トレ及びダイエットへの気分が高まるかもしれません。

 

筋トレ知識としても、漫画としても楽しめる稀有な一冊。おすすめです。

ダンベル何キロ持てる?3巻

ダンベル何キロ持てる? 3 (裏少年サンデーコミックス)

ダンベル何キロ持てる? 3 (裏少年サンデーコミックス)

 

2巻までで20万部突破した筋トレ漫画!

トレーニングジムにおいてあってもいいんじゃないか、と思う。

 

さて、筋トレを題材にした本作も3巻となりましたが、勢い衰えません。それどころかキャラクターが出揃ったことでこれまで以上にバラエティ豊かな展開で筋トレを組み込んでおり、筋トレ知識として面白いだけでなく、漫画としても面白いです。

今回は特に立花先生の出番が多く、立花先生のオパ……南半球が非常に素晴らしかったです。もちろん、ひびきのオパー……北半球、南半球も素晴らしかったです。あとパイクショルダープレスの絵でタンクトップがめくれ上がる描写など、ええ、作画担当のMAAMさんのこだわりを感じます。

まぁ、一番露出しているのは街雄さんなんですが。

 

今回の筋トレはどちらかと言えば、ジムではなく自宅とかアイドルタイム的な空き時間にできる筋トレが多かった印象です。アイソメトリックスというのは知らなかったので勉強になるとともに、今後空き時間などでやっていこうと思いました。

あとさらーと食べ物が出るたびにカロリー表示をさせているあたりが油断なりません。

個人的にはこの作品とプラマイごはんの2冊を読めば、筋トレ及びダイエットへの気分が高まるかもしれません。

 

筋トレ知識としても、漫画としても楽しめる稀有な一冊。おすすめです。

魔術監獄のマリアンヌ

 

魔術監獄のマリアンヌ (電撃文庫)

魔術監獄のマリアンヌ (電撃文庫)

 

 珍しく表紙の美少女に惹かれて買ってしまいました。

うん、00年代くらいの面白いライトノベルでした。

 

今の流行している中身ではないですが、個人的には00年代くらいのライトノベルが一番面白かったと思っている時期に出ていたラノベらしいラノベでした。

少女がすごい力を持った魔術師と旅をして、悪の魔術師を倒す。でも、実は世界には少女が知らなかった真実があって、みたいな本当にラノベらしいラノベ。文章はとても読みやすく、話のテンポもいい。ヒロインは可愛らしく、相棒の魔術師も嫌味にならないいい感じ。お色気シーンもあって、それも嫌悪感を抱くような感じもないライトさ。

途中、ダライアンという人物が酷い結末を迎えないか不安になりましたが、そういう描写もなくダークファンタジーとありますが、結構クリアなファンタジーかなぁと。結末もキレイで澄んでいて、次はなさそうですが個人的にここからマリアンヌが進んでいく話を読んでみたい。あくまで序章的な感じだったので。

 

ライトノベルらしいライトノベル

こういう作品大好きです。

境界線上のホライゾン10(中)

 認知、戦闘、敗北、死亡、ガールズトークで、次回は合体!

なんか今までで一番カオスな話だった気がします!

 

さて、第10巻でいいのかな。その「中」なわけですが、ここまで来た以上はもうネタバレOKでしょう。ええ、ええ、そうでない人のことなどもう知りません。

前回の上巻で、最後に「実は十本槍のうち八人は武蔵勢の子供だったんだよ!」ととんでもない爆弾を投下してからの今回。まずは認知のお話でしたね。いや、まさか未来から地脈を通して情報を送り、過去に蘇るとか、予想できなかったねっ! そして親があれなら、子はまともに育つというか羽柴の方々が真面目だったのはそうだったのでしょう。今回で一気に羽柴勢の好感度がアップしました。

蜂須賀小六片桐且元だけ誰の子供か予想できなかったんですけど、直政の妹と鈴の子供とはビックリ。ネシンバラとシェイクスピアの子供かと思いましたが。あっシェイクスピアの介入、すごく面白かったです。

そして始まる認知のお話と戦闘。流石に最終回前だからか負けが多いなぁと。その中で勝率の高い鈴さんと直政とアデーレは素晴らしいですね。浅間様が負けられたのがビックリですが、不意打ち的な感じなのでまだまだ本気ではないはず。

全く関係ありませんが40章の大久保さんのイラストが非常に可愛らしかったです。

認知と戦闘が終わったと思ったら艦隊戦で、大久保さんすげーと思ったら羽柴がとんでもない切り札出してきて、あとちょっと忘れかけてた伏線とか出てきて驚かされました。どうするんだろう? あれかな? 強奪するのかな?

あと武蔵さんと武蔵野さんはどうなったの? もう帰ってこないの? 気になります。

とか思ってたら、トーリ死亡! おい、主人公! とか思ってたら合体ネタのガールズトークが始まって、なんだこの前半のシリアス? 戦闘シーンとの落差はと思ってしまった。しかも次回へ続くし!

次回はあれですが、300ページくらい1500回の合体シーンが描かれるんですか! これもう二次創作でトーリと浅間様、ミトツダイラ様の合体シーンがあったら全部ここの話だよ、的なことにできるってことじゃないですか! さすが昔から合体シーンを描いてきた川上稔先生だぜ、ホライゾンとトーリの広義のプロレスだけでは終わりませんでしたか。

 

800ページくらいあるんですけど、色々な意味でカオスすぎて凄かったです。

次回の下巻、冒頭からエロシーンなんだろうなぁということだけは忘れずに待ちたいと思います。